最近腸内環境のことを調べていると
この超漏れの事を耳にすることがあります
この腸漏れって一体どういう状態をいうのか?
2017年8月22日放送のたけしの家庭の医学でも
腸漏れの特集をしていましたね。



スポンサードリンク

腸漏れ=リーキーガット症候群が正式名称

人の腸は粘膜面がとっても大きい部位でもあります
小腸や大腸、これらの臓器の上にはうっすらと
粘膜が常にある状態です、どうしてあるのか?


それは口から入ってきたウイルスや細菌を
腸へ容易く吸収させないためにあります
そして良い栄養を効率よく取り入れる
というありがたい機能も粘膜には備わっている



しかし、この粘膜が何らかの理由で穴が空いたり
隙間ができたりすると、そこからウイルスや細菌が
侵入しやすくなってしまう、そして腸から吸収され
血液内にウイルスや細菌という毒素が回ることになる
この腸から吸収される=腸を守れずそこに漏れ出す
これがリーキーガット症候群の正体。


このような状態になってしまうと人体では
どういうことが起こってしまうのか?
・動脈硬化
・心疾患
・脳疾患
・糖尿病
・アレルギー

これはほんの一部ですが、その他にも様々な病のリスクが
高まってしまうことが言われている。

どうしてリーキーガット症候群になってしまうのか?

こうなってしまう原因はいくつかあります
食事面から言うと
・過度な糖質摂取
・添加物てんこ盛りの食材をたべる
・薬の飲み過ぎ(食事面ではないが口にするのでここに入れた)

これらを継続的に摂取し続けることで
大腸及び小腸がだんだんと傷ついていきます
その結果粘膜に穴ができてしまい毒素等が腸へ漏れていく。


これらが体内に侵入してくるといい気分ではありませんよね?
きっかけとなり様々な病気の呼び水ともなる。


聞き飽きたことかもしれませんが、上記以外でも
ストレスなども関係していくる。


この腸漏れの状態でいくら体にいい栄養を摂り入れても
漏れていく一方で吸収されることが無駄になる可能性もある。

ではどうすれば腸漏れを抑えられるのか?

食事面で言うと上記のことは控えるというのを
やっていくことから始めていくのがいいと思います。


例えば糖質制限をしたり、添加物が含まれた食品を
摂取するのを控えたりする、ちょっとしたことで
薬を服用するのはやめる、というのをしていけば
腸の状態もいい方向にいく可能性がある。


食事にも気をつけてみる、普段糖質を多く摂取してるなら
生野菜や発酵食品を増やして食べたりする
これらは当サイトでも記しているとおり
腸内環境を整えるにはベストな食材である。


ただしたんぱく質摂取量は
減らさなくてもいいと思います
たんぱく質は人体を構成するのに
必要不可欠なものなので。

腸漏れは、お酢と食物繊維摂取で緩和可能?

2017年8月22日放送のたけしの家庭の医学では
お酢と食物繊維を摂取することでリーキーガット症候群を
緩和させることに期待が持てると放送していました。


お酢には短鎖脂肪酸が含まれていて、これは
腸内環境をいい方向に整えてくれる物質
です
なので摂取は必要不可欠だと考えられますね。


続いて食物繊維、これは言うまでもなく腸内環境を
整える為には絶対に必要といっても
言い過ぎではないかと思います。


お酢と食物繊維をうまく組み合わせながら摂取すると
リーキーガット症候群、つまり腸漏れの状態が
完璧に治るということはなくても、継続する事で
いい状態になることには期待してもいいかと思います。


ちょっと簡単にリーキーガット症候群の事について
記してみましたが、他に何か新しいことが
わかったら追記いたします。


スポンサードリンク