砂糖といっても甘いものと限定してしまいがちですが
御飯やパスタ、パンなどにも含まれる糖質
いわゆる炭水化物も、体内に入ってしまうと
糖質と言うものへと変化するので、結果的には
甘いものを摂取しているのと変わらない、そんな
砂糖(糖質)は腸内環境とどういう関係にあるのか?



スポンサードリンク

糖質が血液内に多量に含まれることで起こること

私達が行きていく上で糖質、御飯やパン
パスタなどは必要ではあります、しかしそれは
適切な量を摂取したらという意味合いで。


現代の食を見てみると、だいたい安価で手に入る食材は
炭水化物のものが比較的多いように思う
それ以外にも、甘いものは今やコンビニでも
簡単に手に入ってしまうし、美味しい。


そんな甘いものや炭水化物が身体の中に入ると
どのようになるのかを簡単に説明


まずこれらを食べることで、砂糖や炭水化物の
栄養が小腸で吸収されると、肝臓へ運ばれる
そこでグルコース(ブドウ糖)に変換されて
血液へと循環します。


グルコースは自分で細胞に入り込んでいくことが
できないため、インスリンというすい臓から分泌される
ホルモンのお陰で細胞に取り込まれていきます。
そして体内でエネルギーが減ってきたなと感じると
その細胞からグルコースが現れてエネルギーの役割を果たす。


これが正常な働きなのですが、仮に炭水化物や砂糖を
多く摂取してしまうと話が変わります
過程は同じなのですが、今度はグルコースの量が
多くなっているのでインスリンが細胞へ取り込んでいく
作業に追いつかなくなってしまう


こうなると血液内に必要以上にグルコースが溜まり
血糖値が高くなってしまう、そしてインスリンを
分泌しても量が多く、細胞にも取り込めなくなりグルコース
いらないと抵抗をする、これが俗にいうインスリン抵抗性


結果、グルコースは回収がなされないまま
血液内を漂い、その後更なるインスリン分泌を促し
そしてインスリン抵抗を繰り返す、これが
ある病の発症のシグナル、それは2型糖尿病です
腸内環境の状態が悪いと発症しやすいと言われている。

腸内細菌との関係は?

本題はここからなのですが、グルコースを取り込んだ
細胞というのは一体何の細胞なのか?
これは脂肪細胞なのです、つまりエネルギーとして
取り込んだグルコースが使われないと
脂肪となって残ってしまうのです、そうなると肥満になる。


肥満というのは簡単に言うと代謝がうまくいかなかったため
脂肪細胞が溜まってしまったから起こる
つまり腸内環境や細菌は善玉菌の活動量よりも
悪玉菌の活動量のほうが上回っていたために
細胞の代謝がうまくできなくなっている。


そのため脂肪細胞がなかなか出ていかなくて
段々と溜まっていく一方で悪玉菌が優位な状態が続く
これらを食事で優位性を変えていく必要があります
しかしもっと恐ろしい事が・・・
甘いものに潜むあいつ・・・人工甘味料です。


人工甘味料というのは、サッカリンやアスパルテーム
スクラロース
と言ったものでこれらは人工的に
作られた糖、あまいものです。


これらが近年の研究で、どうやら腸内環境に悪い
影響を及ぼしているという研究結果
が出ているのです
ある研究では、腸内細菌の種類を豊富にすることもあれば
減らすこともある
という結果も出ている。


おまけにこれら人工的に作られた甘味料というのは
肝臓にも負担が大きくかかる、処理するのにね。


なので、食べ物や飲み物を購入する際
ちょっとでも裏面のパッケージを見る癖を
つけたほうが良いかと思う。

・異性化糖
・果糖
・果糖ブドウ糖液糖
・スクラロース
・アスパルテーム
・サッカリン

と記されているものは購入しないほうが良い
殆どの食品に入ってしまっているが・・・


私達の身の回りには食べ物がたくさんあり飽食です
しかしそれら殆どが質という点では
問題がある食べ物ばかりです、これらをなるべく
減らしていく食生活をしていきたいものです。


スポンサードリンク