間違ってはいけないのは、抗生物質が悪だ!
ということではありません、何らかの細菌を
やっつけるために使用するのはやむを得ない
という事もあります。
腸内環境と抗生物質の問題も考えていく必要がある
と思って記述したまでです。



スポンサードリンク

抗生物質は細菌を一掃するが・・・・

抗生物質は感染症の原因である細菌を死滅させ
多くの命が救われるという素晴らしいものです


然るべき時に使用されると、その効果を発揮します
しかし現代はどうでしょうか?
こういうこと多くなってきていませんか?

・風邪を引いてしまい、早期治療のため抗生物質投与

風邪はウイルス性疾患で、風邪にはあまり
抗生物質は効かないと言われている
それなのになぜ、病院へ行くと抗生物質を
処方されるのか?


それは万が一のことも考えているから
例えばの話ですが
風邪で喉や鼻に炎症が起き、細菌が体内に侵入しやすい状態
つまり免疫力が落ちた状態となっている
その時に風邪とは違うまた別の細菌が仮に
体内に侵入したとしましょう、すると新たな病の
リスクが高まってしまいます。


そしたらその細菌を
死滅させる抗生物質が必要となる
なので抗生物質を処方されるのです。


また抗生物質は悪い細菌だけを死滅させないで
病気に直接関係のない細菌も死滅させます
腸内環境の細菌も例外ではありません
善玉菌、悪玉菌、日和見菌全てを死滅対象とします。


しかし我々人間は毎日何かを食べているし
体内でも新たな細菌が生成されるので
細菌が全くいない
という状況になることはないですが
抗生物質を投与される機会が多くなると
腸内細菌の変化
というものが起こる可能性が高くなることも。


なので近年問題となっている抗生物質耐性の細菌が
増えてきている、結核の抗生物質は長い期間
飲み続ける必要があり、それを症状が出ないため勝手に
薬を飲むのを止めてしまうと、体内で抗生物質耐性の
細菌が生まれる可能性が高まる。


その結果、従来の抗生物質が効かなくなり
結核の治療が難しくなってしまう。


冒頭にも書いてある通り、抗生物質が悪い
というわけではなくて、抗生物質を投与される機会を
減らしていくということが重要。


風邪を引いた=お医者さんへ行き抗生物質投与
ではなくて風邪を引かない体づくりをするなど
自分の体を医者任せにしないように自分で管理をする
ということが大切かと思います。

・普段からの食生活に気をつける
・疲労軽減のための十分な睡眠確保
・肉体の衰えを鍛えることでカバーする

などの自分が出来ることをまずやっていきましょう


もう一つお伝えしておきたいのは
食事に関しては気をつけなければならない
というのも、抗生物質はなにも人間だけに投与
されているものではなくて、動物にも投与されている
そうです、大好物な男性も多いあの食品に・・・

外国産の牛肉、食用鶏肉などにも抗生物質が使用されている

なにをおっしゃいますか・・・って思うでしょうが
これは事実で、特に外国産の牛肉には成長過程で使われている
どこ産というのは控えますが、牛肉が安定的に供給できるよう
牛肉自体の体調を崩させずすくすくと育つように
抗生物質や成長促進剤などが使用されています。


もちろんそれが全て肉の部分に浸透している
というわけではありませんけど、少量ではありますが
間違いなく残留はしていると考えてもおかしくない。


鶏肉もそうで、卵を安定的に産めるように
ケージ飼いをしていて、そこで病気にならないよう
予め抗生物質や殺虫剤や殺菌剤とものが使用され
そんな鶏に与えられるエサは遺伝子組み換え作物が
ほとんどと言われている。


また日本では使われているかどうか不明ですが
先日韓国で卵に殺虫剤の成分が出たというニュースが
ありましたよね、これも卵を出荷する前に
ケージ飼いをしている所にはサルモネラ菌が
付着している可能性が高く
それを殺菌するために消毒をされる
そしてそれが卵内部に侵入する
ということがあったのです。


その抗生物質や成長促進剤が含まれたお肉を食べる事で
少しずつではありますが、抗生物質を摂取している
といっても過言ではない状況となる。


なので食に関してはこのあたりも気をつける必要がある
(こうやって書いていると、食べるものがない!
って思いますが、こういったものを摂取しない方が
実は体によかったりする)


国産の牛肉に関してはどうなっているのかはわかりませんが
成長促進剤の使用は禁止されているのですが
牛に与えているエサがどういうものを使用しているかは
気になるところです。


ネットで検索して調べてみるのもいいかもしれません
卵にしても、鶏肉に対して抗生物質不使用や
エサは遺伝子組み換え作物不使用などを前提とした
卵を購入するなどですね、値段はもちろん高いですが。


このように記しても危機感って湧いてきませんよね?
それはどうしてかわかります
「時間をかけて体を蝕んでいくため、すぐに症状が出ない
 だから気にするほどではないだろう」

この一点に尽きます。


しかし症状が出ないだけであって、体は確実に
傷ついていきます、そして免疫力が低下してくる
50代や60代になると色々な疾患にかかる可能性が高まる。


また、このように抗生物質の投与が原因で
腸内細菌が変化していき、肥満になることを誘発する
腸内細菌が増えたりしてくることもある。


今はまだ若いし・・・という今だからこそ
遠い未来を見据えて年老いても使える体を整える
ということは大切じゃないかな、と私は思います。


調べて記した情報なので、まだ足りない事が
あるかもしれませんがここで一旦
記事の完成とさせていただきます。


スポンサードリンク