2016年3月29日放送のその原因腸にありで紹介された
長寿菌の特集を掲載しました。



最近の研究では腸内細菌の中に、長寿に関わる菌が
存在するということがわかってきています。
その長寿に関する菌というのはこの2つ。
・ビフィズス菌
・大便菌


どうしてビフィズス菌と大便菌は長寿菌といわれるのか?

ビフィズス菌は生まれた時は腸内に95%も存在する
菌ですが、加齢とともに減少して、60歳以上では
腸内の1%以下に落ちます。
ビフィズス菌がいることで腸内の動きが活発になる


大便菌は腸の粘膜を修復して免疫力正常化する働きがある
がん細胞を抑える効果もあると言われている。


腸に病気があると、この2つは減ってしまいます。
寿命に関わると言われているので、この2つの腸内細菌が
多いと長生きの可能性があがるのでしょうね。


特にギネスにも掲載された世界最高齢の男女を輩出した
奄美郡の徳之島伊仙町へ取材へ行くことに。
どのような食生活を心がけているのでしょうか。

長寿菌を増やす5つの食材

・粒味噌
奄美地方では有名な味噌、島料理には欠かせない発酵食品。
お味噌は発酵食品というのは御存知の通り。
乳酸菌も多く含まれていて、ビフィズス菌を
元気にしてくれます。
豚肉やピーナッツなどとあえて食べられているとのこと。


粒味噌が腸内でどういう働きをするのかというと
粒味噌に含まれる乳酸菌が、腸の中を通過していく時に
ビフィズス菌を元気にして増やす働きがある
のです。


・青いパパイヤ
徳之島ではとってもポピュラーな食材で、青い状態で
食べるのが一般的だそうです、食物繊維も豊富です。
どうして食物繊維が長寿菌にいいと言われているのか?


それは大便菌は食物繊維を食べて元気になるため。
腸内の正常な免疫機能を維持するのです。


青いパパイヤの料理
1 パパイヤを細かく千切りにして水にさらす
2 鳥のもも肉をごま油で炒め
3 人参玉ねぎを加え、パパイヤも更に加え出来上がり



・あおさ
徳之島の海で育む食材です、浅瀬の辺りにある海藻。
天ぷらや炒めものに使っているようです。


あおさの炒めものは簡単に作れます
千切りの人参を炒め、あおさをたっぷり投入、味付けをし完成。


あおさはミネラルと食物繊維が含まれています。
大便菌のエサにもってこいですね。


みきという発酵飲料が紹介されましたが、こちらは
オススメの飲み物の方に移動させていただきました。


・黒糖
徳之島の名産さとうきびで作られています。
料理の調味料として使われている家庭もあるそうです。
黒糖にはオリゴ糖が含まれていて、これもビフィズス菌の
エサとなります。


スポンサードリンク