2016年4月6日放送の趣味どきっ!
発酵食についての特集をやっていたので紹介。
腸内環境には欠かせない食品ですからね。
第1回目はヨーグルトがテーマ。

スポンサードリンク


腸内環境を整えるのはもとより、むくみ解消や
寝起きすっきり、やる気アップなどにも関わっている
というのは最近よく言われてます。

藤原紀香さん特製ヨーグルトドリンクの作り方

作り方へ早速いきます。
1 適当な大きさに切ったほうれん草をミキサーの中へ
2 バナナ、イチゴ、レモン汁、はちみつ(マヌカハニー)
  ヨーグルトを入れてミキサーにかけ、出来上がり



レシピはこちらになります。
・プレーンヨーグルト 100g
・イチゴ 4つ
・レモン汁 1/2個分
・ほうれん草 2株
・バナナ 1/2本
・はちみつ(紀香さんが使っていたのはマヌカハニー)大さじ1

マヌカハニーは高価なはちみつなので、なければ普通のはちみつで。

そもそも発酵って何?

わかっているようでわからないという人、多いのでは
ないのでしょうか?
発酵というのは
『食品に微生物が繁殖した結果、食品の成分が変化する事』
これを発酵というそうです。


だけど種類があって、我々食品を長時間放置した際
腐らせてしまう事ってありますよね?
これもある意味発酵で、食品に微生物が繁殖して
変化した結果なんです。


そして変なにおい、まずい、となり危険な食物に
なった場合を腐敗という言い方をします。


逆に味が美味しく、良い香り、栄養になり体にいい
というのを発酵という言い方をするのです。


ヨーグルトの場合は動物性乳酸菌というのは
このサイトでもお伝えした通り。
だけどヨーグルトに含まれる乳酸菌という言葉
牛乳の中にいる菌なのか?って思う事ありませんか?


実は違っていて、乳酸菌というのは
糖を食べて乳酸を大量に作る菌、これが乳酸菌なのです。
乳酸を作るから乳酸菌。
乳酸菌はどこにでも存在する菌と言われております。

腸内環境チェックリスト

チェック項目はこうなっております。
腸内環境チェックリスト
3つ以上ある人は腸内環境はあまりいいとはいえない


ヨーグルトの動物性乳酸菌って胃酸に弱く
肝心の腸内に到達しても胃酸によって死滅している
場合がほとんどなのですが、この死滅した善玉菌は
腸内にいる善玉菌のエサにもなるので
構わず食べてもいいのです。


また、最近のヨーグルトは
胃酸に強い乳酸菌というのが多くなってはきています。
胃酸を気にせず食べていきましょう。


ヨーグルトを食べるとやる気アップする理由は
腸の動きは自律神経でものすごくコントロールされている。


例えば緊張をするとトイレに行きたくなるってありますよね?
私なんか特にそう、こういう場合も自律神経が
物凄く重要な働きをしていて、腸の動きがよくなり
自律神経に影響を与えるといいます。


つまり腸が元気になると、自律神経が整い
メンタルに好影響を与え、やる気アップとなるのです。
一定期間ヨーグルトを食べ続けてもらうと
・シミ減少
・免疫力向上

という事も結果として出ました。

脳は第二の腸!?

脳と腸は密接な関係にあります、元々脳というのは
腸が最初に出来ていて、発生している。
なので、腸を健康にすれば精神も健康も体力も
える事が出来ると言われているのです。


腸な内側と外側から動かしてあげる必要があり
内側は食事で動かすことが出来、外側から動かすのは
腸をもんだりすることです。


お腹の上から手でぎゅっとつかんだりしても
腸を掴んでいるので、もみほぐしたりしてください。
他にも、私のサイトのページに腸の体操ページが
ありますので、そちらも参考に。

伏木さん特製、豚ロースのソテー ヨーグルトベリーソース

作り方
1 厚みのある豚肉を3枚用意、ヨーグルトをミキサーに入れる
2 冷凍ブルーベリー、オリーブオイル、塩こしょう
  これでミキサー混ぜる
3 豚肉をソテーして、ソースをかけて出来上がり



材料がこちら
・プレーンヨーグルト 100g
・塩コショウ 少々
・オリーブオイル 大さじ1
・冷凍ブルーベリー 4つ



ヨーグルトガスパチョ
トマトやにんにく、オリーブオイルなどを加え
作ったスープにヨーグルトを加えた食べ物です。
作り方の紹介はありませんでしたが、材料がこちら。
・トマト大 1個
・プレーンヨーグルト 20g
・塩コショウ 少々
・オリーブオイル 大さじ2
・にんにく 1g



トッピングに
・ズッキーニ
・キュウリ
・パプリカ
・玉ねぎ

全て各適量
・カレー粉と黒コショウ 各少々
となっています。


スポンサードリンク