腸内環境には欠かせないとされる乳酸菌。
しかし、2種類の乳酸菌が存在します。
動物性乳酸菌と食物性乳酸菌です。
とても簡単にですが違いを解説。


動物性乳酸菌とは?

動物性乳酸菌とは、乳製品の中に含まれる乳酸菌のこと。
いくつか挙げると
・牛乳
・ヨーグルト
・チーズ

乳酸菌が含まれている代表的な食料と飲料ですね。


現代ではヨーグルトは毎日食べましょう、牛乳は
毎日飲みましょう、などいろんな情報があります。
確かに間違いではありませんが、動物性乳酸菌には
ちょっと苦手としているものがあります、それは胃酸。


胃酸が強力であるというのはご存知かと思います。
何せ食べたものを強力な酸で溶かしてしまうくらいですからね。


動物性乳酸菌を含む食材もこれは同様。
そしてその乳酸菌ですら、胃酸で溶かしてしまうのです。


せっかく食べたのにもったいないですよね?
じゃあ食べても意味ないや、ということにはなりません。


現代の研究のおかげで、胃酸にも耐えられる様に
ヨーグルトは進化を遂げました、しかし全部が全部
胃酸で乳酸菌がやられずに通過するということはまだ難しい現状が。
ヨーグルトがダメな食べ物ということではないですよ。


じゃあ胃酸にも負けずに腸に届ける事ができる乳酸菌って
ないのかな?って考えますよね?
あるんです、それが次に紹介する食物性乳酸菌なんです。

植物性乳酸菌とは?

植物性乳酸菌っていうのは、日本古来からある食品に
含まれている乳酸菌のことです。
どういう食材かというと
・味噌
・漬物
・ぬか漬け

などが代表的なものですね、その他にも世界に目を向ければ
・キムチ
・ザワークラフト
・ザーサイ

これらも発酵食品とされています。


どうして胃酸にも負けずに腸へ生きて届けられるのか?
それは植物性乳酸菌の強さにあります。


植物性乳酸菌自体に生命力があり、どこの環境でも
生きていける力がもともと備わっている。
なので、胃酸にさらされてしまおうとも、持ち前の
生命力の強さで、胃酸にも負けずに腸へと
生きて届くことができるのです。


なので腸内環境を整えるための力関係で言うと
植物性乳酸菌>動物性乳酸菌という事になっています。


スポンサードリンク