昔宿便があるために身体にどうとかこうとか
ということを言われていた時期があったと思います。



しかし宿便というのは実は、ないとのことです
宿便というよりも滞留便というほうが適していると。


どうしてかというと、大腸って上皮細胞の表面から
粘液が出て覆われているので、大腸の上皮細胞に
くっつこうとしてもくっつけない。


なので大便が細かいものであっても、それが
大腸の上皮細胞にべとって貼り付くことは
ないと言われている。


またこの上皮細胞の粘膜って毎日剥がれているし
その都度新しい粘膜が上皮細胞からじわりと
出てきて覆われていくのです。


便秘でとどまっているのは宿便ではなく滞留便
ということになります。


スポンサードリンク