便のことについて色とか形について記述を
してきましたけど、内容物のことには
あまり触れていなかったように思います
短い解説ですが、ぜひご覧ください。



便の内容物ですが、このような割合となっている
・腸内細菌 33%
・消化液、粘膜や細胞 33%
・食物繊維や骨などの食べかす 33%

という具合に、固形物を形成する食物繊維は
3割弱しかなく、それ以外は腸内から出てくる
細胞や菌で構成されている。


しかもです、便は割合で言うと半分以上を水分が
占めているのでそれを除いてしまうと便自体の
量で変わってきますけど、なんと50gもないとされている。


大腸の代謝というのはかなり激しく
行われている事が想像できますね。
更に小腸は激しいとされている、そのために
小腸のガンというのは、滅多にないと
言われているのです。


大腸もそうであってほしいのですが
なかなかそうはいかないのでしょうね・・


スポンサードリンク