簡単にまとめただけですが、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維
ってどういう違いがあるのかを紹介していきます。


不溶性食物繊維とは?

不溶性食物繊維は水分に溶けない食物繊維。
腸内で段々と膨れていく特性があります。


他にも腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し
便秘予防にも効果があり、体の中の悪い物質を
捕まえ、体外へ排泄するという役割も。


気をつけたいのが不溶性食物繊維のとりすぎ。
水分を吸着して膨れていく、という部分に注目。


便をいきまずにするんと出すためには
水分は必要です、だけど不溶性食物繊維を
摂り過ぎてしまった場合、時に便秘を起こしてしまう
可能性もあるのです。


大腸の中で便の滑りが悪くなっている、ということです。
そこで重要なのが、水溶性食物繊維となってくるのです。

水溶性食物繊維とは?

水溶性食物繊維を含む食品を食べることで、胃を通り
大腸へと到達すると、水に溶け水分を吸収し
ゲル化すると言われている。


このゲル状の水分は、保水性が高いので便に混ざると
滑りが良くなり、便の排泄をしやすくしてくれます。


他にも脂肪や糖分の吸収を緩やかにしてくれて
血糖値の急上昇を抑えてくれる役割も。


どちらも腸内環境を良くするためには必要な栄養素。
食べる割合も不溶性が2で水溶性が1
これが理想と言われています。


どの食品に多く含まれているのかは、まとめて紹介を
させていただきます。


スポンサードリンク