たった一文字しか変わらないので、何がなんだか・・・
って言う人も多いかと思います。



私も調べるまではなんか違いがあるのか?
って思っていましたから。
でも難しい意味ではありませんでした。

プロバイオティクスとは?

腸内細菌には、様々な菌があるのは
既にご存知かと思いますが、個人個人によって
いい菌、悪い菌、どちらが優勢なのかというのは
日々の体や、便の状態を見ないと
わからない部分があります。


悪い菌が優勢になっていると、いい菌の働きが
弱い状態です、そこでいい菌の働きに加勢をするのが
プロバイオティクス
なんです。


ヨーグルトや乳酸菌飲料には
このプロバイオティクスが含まれております。


つまりいい菌と言われている善玉菌に加勢を
してくれる菌、いわゆる助っ人ですね。

プレバイオティクスとは?

いい菌の加勢をするのがプロバイオティクスなら
プレバイオティクスは、加勢をする乳酸菌や善玉菌の
えさとなる役割
があります。


体に良い菌といっても、悪い菌と戦うためにはそれなりに
エネルギーが必要です、腸内環境の覇権を奪うために
熾烈な戦いが繰り広げられていると考えましょう。


そんな時、プレバイオティクスを含む食品を
食べることで、いい菌のエサとなって悪い菌と戦う
エネルギーとなる。


プロバイオティクス(腸内環境の助っ人)
プレバイオティクス(腸内細菌のエサ)

含む食品というのは、こちらを参考にしてください。
腸内細菌の助っ人とエサになる食品!


スポンサードリンク